HOME 基礎データ 歴  史 見どころ 城めぐり 歳時記 生  活 ドイツ経済
歴史概観
歴史年表
大公/選帝侯モーリッツ
コーゼル夫人
  歴史年表 (Chronik)

 929 ハインリヒI世がマイセンに城砦を設置。(これがその後ザクセンの中核となる。
1089 ヴェティン家がマイセン辺境伯の地位を獲得
1307 ルッカの戦いで辺境伯フリートリヒがドイツ王に勝利し、マイセン辺境地におけるヴェティン家の支配権を確立
1423 マイセン辺境伯のヴェティン家がザクセン・ヴィテンベルク選帝侯の地位を獲得
1485 ヴェティン家の選帝侯エルンスト/大公アルプレヒト兄弟が対立し、ザクセン選帝侯領は西のエルネスト系と東のアルベルト系(ほぼ現在のザクセン州)に分裂するアルプレヒトがドレスデンに居を定める
1517 宗教改革運動始まる。エルネスト系のフリートリヒ賢公が推進。
1547 アルベルト系のザクセン公モーリッツがシュマルカルデン同盟を制圧して、エルネスト系を倒し、選帝侯に叙せられる
1635 高・低両ラウジッツ(現ザクセン州東部)がザクセン選帝侯領となる
1697 選帝侯フリートリヒ・アウグストI世がアウグストII世としてポーランド王に選ばれる
1763 7年戦争終結。ザクセン・ポーランド同盟の解消
1791 選帝侯フリートリヒ・アウグストIII世がポーランド国王の地位を放棄
1806 ザクセン、ライン同盟に加盟、王国となる
1807 ワルシャワ公国と同君連合
1813 ライプチッヒ郊外の戦いでザクセン国王はプロイセンに捕えられ、ロシアの支配下に置かれる
1815 ウイーン会議の決付議に基づいてザクセン分割、ワルシャワ公国との同君連合解除
1830 9月動乱による政府危機。リンデナウ政権が市民改革路線へ転換
1831 新憲法発効
1848/49 48年革命の中心のひとつとなる
1866 北ドイツ同盟に参加
1871 ドイツ帝国の傘下に
1918 フリートリヒ・アウグストIII世退位。ザクセン共和国宣言
1919 ワイマール共和国のもとで自由州となる
1933 ザクセン自由州、国家社会主義の統制下に置かれる
1945 ドレスデン大空襲、敗戦
1952 ザクセン州、ケムニッツ(1953年以降カール・マルクス市)、ドレスデン、ライプチッヒの3地域に分割
1990 ザクセン州再統一
-- ドレスデン情報ファイル 2006.09.16 --
修正:2008.06.11 --