ドレスデン情報ファイル
HOME 基礎データ 歴  史 見どころ 城めぐり 歳時記 生  活 ドイツ経済
経済・景気対策
第1次景気対策
第2次景気対策
経済成長加速法
未来パッケージ
2012年予算
2013年予算
補足説明
持続的発展戦略
新・エネルギー政策
政策の目標
政策の概要
政策の展開
原子力の扱い
再生可能エネルギー法
2014年改正法
エネルギー・データ集
関連用語
    ドイツのエネルギー関係データ
はてなブックマークに追加 mixiチェック   
  
   ドイツの温室効果ガス排出量の推移と削減目標
目 標
ドイツは2010年のエネルギーコンセプト策定以来、温室効果ガスの排出量を1990年比で2020年までに少なくとも40%、2030年までに同55%、2040年までに同70%削減し、2050年までに80%~95%削減する目標を設定している。

推 移
これまでの実績では、京都議定書の目標は順調に達成したが、その後は削減がほとんど進まず、目標からの乖離が拡大している。このため、政府は2020年の目標達成に引き続き努めるとしているが、達成を実質的に断念した状態にあり、2030年までの目標達成に全力を尽くすとしている。

2017年の削減状況
連邦環境庁の暫定推計によると、2017年の排出量は9億470万トンで、前年をわずかに(約470万トン)下回った。エネルギー(電力)分野は再生可能エネルギーによる電力の増加と一部の石炭・褐炭発電の停止により、4.1%の減少となった。これに対して、交通の分野では、乗用車およびトラックの保有台数の増加に伴い、総走行・輸送距離が増加したことなどから、2.3%増となった。産業分野でも景気の上昇を背景に前年比2.5%の増加となった。

2018年の削減状況
エネルギーバランス作業グループなどの推計によると2018年は前年比約5,000万トン(5,7%)の大幅な削減となった。発電の分野で再生可能エネルギーが拡大し、石炭などが減少したが、冬の天候が穏やかで、暖房用エネルギーの消費が少なかっことや、ガソリン・ディーゼル燃料価格が上昇したことが大きく寄与してる。
目標達成のために一層の対策が必要な状況は変わっていない。

対 策

政府はこれまで「気候保護行動計画2020」を実施し、2016年秋に「気候保護計画2050」を策定して、2030年までの分野別削減目標を設定するとともに、2018年中に具体的実施指針を発表する予定。
しかし、実績が上がっていないため、新政権は特別委員会を設置して、2020年までの削減量を目標の40%にできるだけ近づけるための方策、2030年までのエネルギー分野の削減目標の確実な達成のための方策、石炭・褐炭発電の段階的削減と終了に関する日程を含む計画、法的・経済的・社会的および構造政策的措置、影響を受ける地域の構造変化を支援する財政措置および連邦の資金による基金の設立などを内容とする行動計画を2018年中に策定するとしていた。
上記委員会には褐炭の地元当局、産業界、労働組合、環境団体などが参加しており、議論が予定どおりまとまらず、結論は2019年2月末まで持ち越された。
また、建物および交通部門を含めて、2030年の目標の確実な達成のため、2019年中に気候保護法を制定する計画。

2019年は原子力発電所フィリップスブルク2が閉鎖されるほか、褐炭発電所2カ所が予備電力化され、稼働が停止する。
図 ドイツの温室効果ガス排出量削減目標と推移
(単位:100万トン/CO2換算)
日独の温室効果ガス排出削減目標と推移
注1)日本は年度。ドイツの2017年、2018年は推定値。
注2)ドイツの目標=2020年に1990年比で40%減、日本の目標=2030年度に2013年度比で26%減
データ出所:以下のデータとドレスデン情報ファイルによる計算。
ドイツ:連邦環境庁"Nationaler Inventarbericht zum Deutschen Treibhausinventar 2016。(2017年は2018年3月26日プレスリリース、2018年はエネルギーバランス作業グループ等の推計)
日 本:温室効果ガスインベントリオフィス「日本国温室効果ガスインベントリ報告書2016年
(目標値は政府:環境省)

参考 ドイツと日本の国民一人あたりのCO2排出量の推移
(単位: トン/年)
 

 データ出所:UNdata "Carbon dioxide emissions (CO2), metric tons of CO2 per capita"

エネルギー関係データ
1 温室効果ガス排出量の推移と削減目標
2 一次エネルギー消費の推移と削減目標
3 電力総消費量と再生可能エネルギー電力の割合-推移と目標
4 エネルギー資源 - 自給率、輸入依存度、輸入先
5 一次エネルギー消費量の推移(種類別)
6 発電のエネルギー源別内訳とその推移
7 エネルギー源別の発電能力と実際の発電量の推移
8 原子力発電所の現状と分布地図
9 2000年の原子力合意
10 電力輸出入の動向
11 電力価格の構成と推移
12 再生可能エネルギー拡大目標と進捗状況
13 (1) 再生可能エネルギー拡大の経済効果
(2) 再生可能エネルギーの拡大と経済成長率の推移
14 エネルギー政策年表(1KB)
15 エネルギー転換に関する産業界の基本的考え方
   
    
   -- ドレスデン情報ファイル 2013.03.12 --
更新:2014.10.06、2015.04.06、2016.04.29、2016.11.04、2018.05.20、2018.12.16、2019.01.13